いつでも どこでも 好きなだけ! 電子書籍読み放題サービス Yomokka!

活用事例

自治体での「Yomokka!」無料トライアル一括導入の事例や、お試し用デモIDや無料トライアルで
「Yomokka!」を体験いただいている学校での様々な活用事例をご紹介します。

自治体一括

埼玉県久喜市

理念とサービスに共感し、久喜市内の全小学校で無料トライアル導入を決定

埼玉県久喜市の紹介
  • 所在地埼玉県久喜市
  • 学年1年生~6年生
  • 利用状況無料トライアル
  • 全児童数約7,000名(全22校)
  • 内容・用途各校で検討

最初に自治体単位で「Yomokka!」の無料トライアル全校導入が決まった埼玉県久喜市。久喜市教育委員会で教育部指導課主幹・GIGAスクール推進室長を兼任する川島尚之氏に伺いました。

すべての子に多くの書籍に触れる機会を提供でき、読書好きな子を育てることができる

  • 「Yomokka!」の導入を決めた理由は、 『学ぶことを楽しんでもらいたい』というポプラ社のコンセプトに強く共感したから、というのがまず前提です。そして実際に、「学び」と「遊び」の一体化を実現可能な可能性を感じるコンテンツであったから。みんなのランキング、きょうの1冊(ガチャ)、感想コメントなど読書をより身近に、より楽しめるものとして、子どもたちに提供することができます。
  • 書籍の確保は、家庭環境によって差が大きくでます。GIGA スクール構想のコンセプトは、ゲートウェイ For オール。このサービスを受ければ、学校教育において、すべての子に多くの書籍に触れる機会を提供でき、読書好きな子を育てることができると考えます。1人1台端末の時代にあっても、本から学ぶものは大きい。本をもっと身近に、もっと楽しいものとして子どもたちに認知してもらうために、このコンテンツに可能性を感じ、全市をあげてトライアルに参加しました。

効果的・効率的な読書活動を推進するツールとして使ってもらいたい。
自由に使ってみて欲しい

  • 朝読書の時間に、個別に、集団で (読み放題なので)またなくていい ワクワクする
  • テスト提出後のすき間時間に端末のみで読める 家庭学習として (複数の本よりも)荷物が軽く、家でも読める
  • 授業の中でも読書を広げる、資料として 教員たちからアイデアをむしろ出してもらいたい (イノベーターの視点を教員にも楽しんでもらいたい)

校長先生たちは、「ワクワク」していました。
すべての校長先生が「このサービスの使用を希望する」と回答しています
~Yomokka!への校長先生方のコメントより~

  • 「このサービスを放課後の課外自主学習に取り入れ、楽しく読書をしながら、豊かな心と多くの知識をもち、活用できる子を育てていきたいと思います。」
  • 「主体的・対話的で深い学びを推進する方策のひとつとして、語彙力・読解力を高める読書活動の充実と朗読会の推進に取り組んでいます。このような取組に有効であると受け止めました。」
  • 「図書室を学習センターとして機能させるべく、環境整備をしているところです。読書量を増やす取り組みを継続してますが、広い分野の多くの書籍に触れられること、そして確実に記録に残ることが魅力です。ぜひ実践したいです。」
  • 「読書活動の広がりを感じます。また、朝日小学生新聞を活用したNIE教育にも活用したいと思います。」

※2021年7月「Yomokka!」無料トライアルメディア向け説明会登壇での講演内容から再構成しています

公立小学校

釧路市立湖畔小学校

「朝の読書」や、端末持ち帰りで「家読」にも。授業活用も予定

  • 所在地北海道釧路市
  • 学年1年生~6年生
  • 利用状況デモID→無料トライアル
  • 全児童数約340名
  • 内容・用途自主的に電子書籍を読む
    国語・道徳等で活用予定

デモIDをクラス単位で利用されていた頃から、読書量がとても多かった湖畔小学校。学校単位の無料トライアル移行後も積極的に「Yomokka!」が利用されています。図書担当の先生に状況を教えていただきました。

朝読・すき間時間・端末持ち帰り・・電子書籍を「主体的に読み進める」体験を

図書の活動の一環で「朝の読書」の時間に児童は毎日のように「Yomokka!」を利用しています。「きょうの1冊(ガチャ)」機能は、読む本を決められないこどもたちに重宝しているようです。また、テストが終わった後のすき間時間や、端末の持ち帰りを試した際も、それぞれで「Yomokka!」の電子書籍を読んでいました。「Yomokka!」について特別な使い方指導は行っていませんが、端末の操作に詳しい児童に教わりながら表紙をたよりに選書する等、主体的に読書に向き合ってくれています。

本好きな児童はもちろん、本を好きでなかった児童も「タブレット(Yomokka!)」で読み始めた

もともと本が好きな児童は「自分の本だな」を見せあったり、担任の先生に面白かった本を紹介してくれたり、「Yomokka!」の機能を楽しく使って、「ポイント」を励みに読書に取り組んでくれています。本の感想スタンプも人気です。もともと本が苦手な、全く読まなかった児童も、タブレットを使って「Yomokka!」で本を読むようになりました。持ち帰って家でも読んでいるようです。

今後は国語や道徳の単元での利用を計画

2学期には国語の単元での利用を計画しています。また「Yomokka!」の掲載作品『となりのせきのますだくん』のシリーズ作品が道徳の教科書に掲載されているので、道徳の時間にも利用できるかなと考えています。今後は教科書の「この本読もう」のコーナーに入っている書籍がもっと読めるようになるといいと思います。

国立大附属小学校

国立大学法人東京学芸大学附属
竹早小学校

低学年が読みやすい昔話・名作が多い。一人一人が好きな作品を読み「読み比べ」もできる

  • 所在地東京都文京区
  • 学年2年生
  • 利用状況デモID→無料トライアル
  • 全児童数約430名
  • 内容・用途国語の授業
    昔話を読む

「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」に取り組む東京学芸大学附属の竹早小学校では、「未来の学校図書館」を見据え、電子書籍を活用した授業事例の創出に取り組んでいます。「Yomokka!」を活用した授業プランを実践・検討している曽根朋之先生に伺いました。

2年生国語、昔話単元で「Yomokka!」を活用した授業実践

  • なぜこの授業をやってみたのか?:「Yomokka!」には、昔話・名作が多く収録されています。(読みたい本が重なっても)それぞれ好きな昔話を読むことができ、たくさん作品を読むことで昔話同士をくらべる授業ができると考えました
  • 授業でやってみたこと:昔話を読んで感想を書こう/昔話のあるあるを見つけて整理しよう
  • 授業を通じて目指したこと: 内容予測の力…先を見通せる力をつけ、予想通りいく面白さ、裏切られる面白さを感じる/作品を多く読んで要素を関連付ける力をつける等
  • 児童が「Yomokka!」使ってみて:こどもたちが、興味をもって端末を使っている様子が見られました。(ローマ字入力が苦手な)低学年には「検索」が難しいので、本の表紙が並んでいるところがあると本が選びやすいです

「Yomokka!」に掲載されている「はじめての世界名作えほん」(全80巻)の電子書籍を中心に、昔話単元での授業を実践いただきました

電子書籍の良さを活かした授業プランを考えたい

  • 今後の授業実践の予定は?:電子書籍の良さ(多くの作品をどんどん読める/シリーズの複数作品が読める、読みたい本が重なっても同時に読める)を活かした実践を考えています。「くまの子ウーフ」等シリーズ作品を読みこむ授業や、写真絵本を活用して写真の使い方・言葉の使い方の実践に目を向けることもできそう。 研究授業に向けて、3名の教員でいろいろな方向の授業案を検討しています。

「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」の取り組み

未来の学校みんなで創ろう。PROJECT

国立大学法人東京学芸大学を中心に、教員、企業と教育委員会がワンチームとなって新しい学校システム創りに挑戦していく「未来の学校みんなで創ろう。プロジェクト」が進行中です。この活動のひとつ、「未来の学校図書館」プロジェクトの一環で、「電子書籍」の可能性を探るチャレンジを行っており、「Yomokka!」を活用した授業事例創出に向けて研究中です。

私立小学校

私立湘南学園小学校

メディアがテーマの6年生の授業で「電子書籍を使ってみよう」

  • 所在地神奈川県藤沢市
  • 学年6年生
  • 利用状況デモID→無料トライアル
  • 全児童数約600名
  • 内容・用途メディア授業
    ICT端末で電子書籍を読む

デモID利用時に、クラス単位で「Yomokka!」をつかった授業を行い、その様子がホームページで紹介されている湘南学園小学校。児童の使用感などをアンケートにまとめ、積極的に改善提案も投げかけてくださった先生に状況を教えていただきました。

ICT機器を用いて「電子書籍」読書にチャレンジ

「Yomokka!」のデモIDを利用して、6年生を対象にICT機器を用いた電子書籍の授業を行いました。電子書籍は、子ども達にとっても約3人に1人が家庭で使用したことがあるツールとなっています。

普段作業が遅いこどもほど、集中していた

「Yomokka!」では、いつも本を自分で探すことができない児童が、読みたい本をすぐに見つけられていました。さらに、普段、読書に馴染みのない児童が集中していました。普段、作業・理解が遅い傾向にある児童ほど集中している傾向にあり、電子書籍のニーズはあると思いました。

※写真は湘南学園小学校ホームページより

ポプラ社公式アカウント
ポプラ社公式Facebook
ポプラ社公式Instagram
ポプラ社公式Twitter
ポプラ社公式YouTube
ポプラ社公式note
一覧

任意のキーワードでお探しの情報を 検索することができます。

サイト内検索

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。ABJマークの詳細、ABJマークを掲示しているサービスの一覧はこちら→https://aebs.or.jp/

ポプラ社
ページトップ